秋葉原風俗の中でも人気が高いと言われるピンサロの評判と実態について

■秋葉原のピンサロ風俗に行ったときの話
私がピンサロに行ったときの話を媒体にして、今回はピンクサロン、通称ピンサロについて紹介したいと思います。私がピンサロに行こうと思ったきっかけというのは、本当に突然のことで突拍子もないことでした。私は高校の時にたった一度だけ、女性とお付き合いしていた時期というのがありました。それからというものの私はずっと一人を貫き通してきた(と言えば格好がいいけれども、ただ単に彼女ができなかっただけ)のですが、時折その元彼女との日々を思い出すことがあります。

その元彼女とはセックスまではいきませんでしたが、キス以上のことはしました。ハグ、キス、ディープキスまで結構難なく私たちは進むことができました、元カノもディープキスにはすごく乗り気で、はじめて舌を入れたときのデートの帰り道、メールで「ありがとう、またしてね」と言ってきたくらいです。そしてその彼女と私以外に誰もいないときの私の家で初めて家デートをしたとき、私は他に誰もいないという状況にあったからか、理性のたかが外れて理性なんていう仮面はどこか遠くへと消え去ってしまいました。

理性が吹き飛んだ私は元彼女を押し倒してキスをしました、そしてディープキスをして胸に手を触れると、元彼女は震えていましたが、それを受け入れてくれていました。胸を触りながら体を起こし、直接胸を触ったりしていると、なんだかとても興奮してきて勃起してしまいました、まあ無理もありませんよね。それから、元彼女の初フェラが始まったのです。

参考材料★秋葉原 風俗 http://vip.cos-ero.com/

私はその元彼女とはフェラまでしかいっていません。その初フェラのことを思い出してしまうのです、本当にたまに、シャワーを浴びている時や浴槽に浸かっているときなどに、思い出してしまうのです。一人暮らしをしている今となっても思い出し、女性にフェラしてもらいたいという想いがとても強く高まる時があります。私がピンサロに行こうとしたのも、その想いが強かったからです。

その日も私は元カノのフェラを思い出してうずうずしていました。そんな時、私はピンサロの存在を知り、ピンサロに行ったのです。

■秋葉原風俗のピンサロとは?
ピンサロとは、和製英語であるピンクサロンの略であり通称です。秋葉原のピンサロは風俗店の業態の一種ですが、セックスをするわけではなく、あくまでも女性店員が男性客の愚息をフェラチオするという性的なサービスを提供する風俗店です。ソフトドリンクやアルコール飲料なども提供され、気分よく飲みながら女性のフェラや女性との会話を楽しむことができるというのが売りの風俗店です。

また、ピンキャバというのも同じ意味の言葉です。私はピンサロのお店に入ってまず最初に受付を済ませました、パネルを見て好みの嬢を選び、コースを選んで料金を払いました。お店に入ってまず最初に気分を高めるためにお酒を頼み、女の子が来るのを待ちました。女の子がくると同時にお酒もやってきて、お酒を飲みながらのトークがしばらく始まったのです。

お互いにお酒が入っているのでとても気分がよく、キャバクラに来たかのような感覚でした。そうやってお酒を飲みながらトークをしつつも下ネタを振っていき、そういう雰囲気を作ってからフェラをしてもらうことにしました。数年ぶりに味わう女性のフェラはとても気持ちが良いものでした。お酒も入っていた分、とても興奮してとても大量に射精してしまいました。

■秋葉原のピンサロ風俗は飲食店という建前
ピンサロというのは、あくまでも建前嬢では飲食店と言っていますし、法律上もそうなっています。しかし、その形態は風俗店ですし、世間の認識も完全に風俗店であるという認識です。飲食店となっているのには理由があり、女性に対して触れないし女性が脱ぐわけでもなし、お酒やソフトドリンクなどの提供があり、キャバクラとほとんど変わらないからです。

だから飲食店という建前になっているのです。それを隠れ蓑にしているのですが、実際に本番行為が行われることも少なくはありません、本番行為が行われるピンサロのことは本番サロン、本サロと呼ばれます。かなり手頃な料金で性的サービスを受けることできるので、繁華街を中心にして日本全国に普及していて、サラリーマンや若者、高齢者などの職業や年齢を問わない幅広い層に人気があります。

ピンキャバという言葉があるとおり、深夜における酒類提供飲食店営業の届出で営業していて、キャバレート同じような建前になっていて、性風俗関連特殊営業とは位置づけられていません。にも関わらず性的サービスを提供しているため、営業停止処分を受けるということは珍しいことではありません。また飲食店なので個室やシャワーを設置することができません。

■秋葉原のピンサロ風俗の歴史
ピンサロの発症は1960年とされていて、ピンクキャバレー、ネグリジェサロンなどという風に呼ばれるお触り専門の風俗の業態にフェラチオサービスを取り入れて、現在のピンサロが完成しました。1977年にブームとなって、今では若干衰退気味ですが、それでも多くの人に利用されています。

■さいごに
ピンサロについての紹介は以上です。ピンサロの業態について、法律上の位置づけについて、実際どんな感じか、ピンサロの歴史について紹介しました。

フェラのスペシャリストが揃っていると言われる秋葉原の風俗

最高のフェラチオ体験が出来ると噂されている秋葉原の風俗の実態について調べていきたいと思っています。


Copyright© 2015年11月9日 フェラのスペシャリストが揃っていると言われる秋葉原の風俗
http://www.helpfortroubledteens411.com All Rights Reserved.